メニュー

第16回『桜と山と 2024』-大関小夜子メモリアルギャラリー「スキナ エ」展示作品入替

[2024.04.19]

大関小夜子メモリアルギャラリー「スキナ エ」展示作品入れ替えました!

ようやく暖かい日が続くようになってきた会津にも、ほぼ平年並みの桜の季節がやってきました。

今回、16回目を迎えた展示の入れ替えは、桜と春の磐梯山を展示してみました。

題して、『桜と山と 2024』

小夜子さんの力強く堂々と咲きほこる桜と、雪が解け、少し茶色い土が見え始めた磐梯山を春とみて(こちらの勝手な解釈ですが。。。) この季節に合わせての展示です。何度か桜は展示をしてはいるのですが、アガッセの中庭の桜が咲き始めるこの時期には、どうしても小夜子さんの桜も展示したくなります。

小夜子さんの作品は、昨年、岩手県花巻市にある障がいのある作者をはじめあらゆる命の表現を届けるボーダーレスギャラリーを開設している、るんびにい美術館さまで個展『大関小夜子展-ふるさとへ-』(2023年9月15日から今年の2024年1月22日)を開催していただきました。より多くの方に小夜子さんの作品をご覧いただいた会期を終え、たくさんの作品が戻ってきたとともに、展示で使われた写真や解説のパネル、小夜子さんの想いこがれたであろう磐梯山やいわきの海の大きなパネル写真などもアガッセに頂戴しました。

今回は、いただいたパネルの一部である、桜の写真パネルを一緒に展示いたします。そのパネルには小夜子さんがお亡くなりになった後のエピソードが添えられています。

 

また同じく、るんびにい美術館さまで展示された小夜子さんの作成風景の写真パネルとその解説パネルを展示いたします。

描かれた小夜子さんの桜の作品は、桜の花がもたらすそのひと時のにぎわいを変わらず映し出し、思い出させてくれます。そして、小夜子さんの描く磐梯山も四季折々の姿で見守り続けているように感じます。

 

 

どうぞ小夜子さんの作品に、ゆっくりとさまざまな想いを寄せてご覧いただければ幸いです。アガッセホームページ上にも『大関小夜子メモリアルギャラリー「スキナ エ」web version』として専用のページを設置し、これまでの展示作品もご紹介しておりますので、どうぞご覧ください。

実際の展示をご覧になりたい場合は、アガッセ正面玄関から入りましてすぐの事務室にお声がけいただければと思います。

https://agasse.or.jp/?p=8383

ブログ担当:T.kimura

 

HOME

ブログカレンダー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME